婚約指輪を手作りして彼女にプレゼントしよう

男の人と女の人

婚約する人のために

今後長く愛用される婚約指輪は、彼女に気に入ってもらえることが何よりも重要です。彼女の好みを調査して、オーダーメイドで製作する場合は時間が掛かるので、早急に申し込みましょう。

ブライダル専門店で選ぶ

ハート

日本で婚約指輪が普及したのは高度成長期だと言われており、外国の文化が多く入って来て豊かになると共に定着して来ました。婚約指輪を購入するのはブライダルジュエリーの専門店であれば、デザインやダイヤモンドの種類も豊富で、一度に沢山の商品を見て試着などが出来るのでお勧めです。

愛情を込めた指輪に

リング

人気の理由や作り方

昨今では婚約指輪は、手作りできるタイプのものがよく選ばれるようになっています。婚約指輪は、男性が求婚の際、あるいは婚約が成立した時にその証として、女性に贈る指輪です。男性にとっても女性にとっても、大きな意味があるものなので、そのため愛情を込めて手作りをする男性が増えているのです。手作りの婚約指輪は、店頭で販売されているものを購入する場合と異なり、デザインを完全にオリジナルのものとすることができます。なぜなら、型取りに必要となる原型そのものを、手作りできるからです。具体的には、ワックスを固めて作った輪に、彫刻を施していくのです。ワックスは柔らかいので、容易に好みの形に削っていくことができます。模様はもちろん、相手女性へのメッセージも刻み込むことができるのです。また全体の形状も、ストレートやウェーブなど、好みで選択することが可能です。彫刻に失敗した場合には、新しいワックスの輪を使うことができます。そして完成した原型を使って、石膏で型取りをし、そこに溶かした金属を流し込んで固めるのです。金属はもちろん、ゴールドやプラチナなど自由に選択できますし、固まった後には研磨で輝きをアップしてもらうこともできます。こうして手作りした婚約指輪は、作った男性と受け取った女性の双方にとって、思い出深いものとなります。また石膏の型は多くの場合、持ち帰ることができるので、万が一婚約指輪を紛失したという場合には、型を使って再度作ることが可能となっています。

パートナーと同じ時を刻む

指輪

結婚指輪は一生肌身離さずつけていくとても大事なものです。ですから、お互いの絆でもある指輪指輪は2人で選ぶことで、思い出も深くなります。最近は、ネットで商品も確認できるので、いつくか候補をあげて店舗に訪れるのも良いでしょう。